So-net無料ブログ作成

内田裕也、蓮舫行政刷新相にエール「ロックの魂を感じる」(スポーツ報知)

 菅直人新首相(63)は8日、内閣の顔ぶれを正式発表。目玉の1人が、行政刷新相に起用された蓮舫参院議員(42)だ。ロックミュージシャン・内田裕也(70)は、「ロックの魂を感じる」とエールを送った。

 内田は開口一番、「ストライクだね。女性、若さ、新鮮さがある。年下だから“ちゃん”づけで呼ばせてもらうよ。レンホーちゃんには、ロックンロールの魂を感じていたよ」。仕事でハワイに滞在中だが、入閣をニュースで知り「俺の魂を揺るがした」と話した。

 昨年11月の事業仕分けで蓮舫氏に注目するようになった。内田は「ロック界代表」として会場に足を運んだが、蓮舫氏が舌鋒(ぜっぽう)鋭く指摘する姿を見て「最初は口が過ぎると思った」。その後、4月に行われた2回目の事業仕分けも見学。黒いジャケットに赤と白のマフラー姿で現れ、蓮舫氏に5輪のバラをプレゼントした。今では「事業仕分けが盛り上がったのは彼女のおかげ」と評価している。

 91年の都知事選に立候補(落選)した内田は、政見放送でプレスリーの「今夜は1人かい?」を熱唱。税金の使途を明確にし無駄遣いの削減を訴えたが「タレント候補」と批判を浴びた。蓮舫氏もタレント出身だが「彼女のオーラは本物だ」とエールを送る。「帰国したら何かまたプレゼント贈るよ」

 「レンホーちゃん」は、内田の思いに応えられるか―。

 【関連記事】
内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学
本木雅弘に第3子 義父・内田裕也も祝福の「シェケナベイビー!」
行政刷新相に蓮舫氏
菅新首相、枝野幹事長を内定 消費者行政・少子化担当相には蓮舫氏

私大入学者納付金、131万円=09年度、過去最高に―文科省(時事通信)
菅首相会見速報(6)衆参ダブル選に否定的(産経新聞)
持続性がん疼痛治療剤フェントステープを24日に新発売(医療介護CBニュース)
最後は燃え尽きる… けなげ「はやぶさ君」に共感広がる(産経新聞)
<七夕の夜>水都・大阪に地上の天の川(毎日新聞)

薬害エイズ訴訟、国が仮払い仮処分で和解 大阪の原告1人と(産経新聞)

 非加熱製剤でエイズウイルス(HIV)に感染した血友病患者らが国と製薬会社5社に損害賠償を求めた薬害エイズ訴訟で、原告側弁護団は31日、大阪地裁(小野憲一裁判長)で係争中の3人のうち1人について、健康状態の悪化を理由に国が賠償金の仮払いに応じたことを明らかにした。判決や和解よりも前に国が仮払いを行うのは異例。

 弁護団によると、仮払い決定を受けたのは大阪府在住の男性原告で、金額は非公表。弁護団は4月12日、国と製薬会社に4500万円を仮払いするよう仮処分を大阪地裁に申し立てた。製薬会社側は拒否したが、国は応じ、5月20日に仮払いの和解が成立した。

 同訴訟をめぐっては、小野裁判長が3月、3人にそれぞれ2800万円を支払うことなどを条件に和解を勧告。国は受け入れを決めたが、製薬会社5社のうち1社が、請求権の存続期間が過ぎていることを理由に拒否している。

 厚生労働省医薬品副作用被害対策室は「仮払いはあくまで暫定的な支払いであり、引き続き和解に向けて取り組んでいく」としている。

【関連記事】
薬害エイズ訴訟、和解勧告を製薬企業側が拒否 大阪地裁
田辺三菱業務停止 「許せない」憤る薬害被害者
繰り返される薬害教訓に 求められる迅速性と安全性
“ワクチン後進国”脱却へ
HIV感染者の入国規制 米大統領、22年ぶり撤廃へ

国会、2週間延長を=民主・玄葉氏(時事通信)
岩手・宮城内陸地震の被災国道、復旧ウオーク(読売新聞)
社民・福島氏 内閣不信任案に同調も「反対はなかなか難しい」(産経新聞)
介護保険のスリム化、カギは「自立支援」(医療介護CBニュース)
「参院選厳しい」は共通認識=首相はしっかり対応を―菅財務相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。